purumi days
vvvvvvvvvvvvvvvvvvvv vv Love フラメンコ vv vv Love 食べること vv vv Love 旅すること vv vvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バルセロナ~ヘルシンキ(フィンランド)
朝一番に起きて朝食バイキング。宿泊プランに入っていたのね。
img144.jpg

やっぱ最後に食べとかなきゃ、な、ハモンだったり、スペインといえばのトルティーヤ(スペインオムレツ)だったり、そのほか色々。朝は夜と違っておいしいっ。食べ過ぎだってくらい食べた挙句、シリアルを数箱持ち帰り。
シリアルは数人へのお土産として配っちゃった。

ごちそう様のあとは移動です。

ホテルから空港はタクシー。後でココのホテルの評価みると、空港近くとか書いといて空港までのタクシー代が20ユーロはありえないという意見多数。
同感。

空港ではお土産購入のラストスパート。色んなトコで配った闘牛チョコもココで買ったのだ。あとはフラメンコマグネットとかね。

そして、チェックイン。スーツケースの重さにビックリ。なんとpurumiは30kg近い。そして友人も20kgを軽くオーバー。2人で50kg超えてました。ホントは一人20kgまでよ。エクストラチャージ?!とドキドキしましたが、OKでした。ほっ。

そして、デパーチャー。
img142.jpg

航空券をチェックするおじさんが、「コンニチハ」って。すげー、この人パスポート見分けて国に合わせて挨拶してるよ。
機内への手荷物はデューティーフリーにかけるためのフラメンコ衣装と貴重品だけ。すっかり身軽になった私はDUTY FREEでお買い物。
ワイン2本、ウナギの稚魚の瓶詰め、オリーブオイル、ガーリックソルト・・・て気付いたら瓶ばっか。まあいいか。

ここで液体は機内持込が制限されているため密封されます。

そして、小物を買いたくて扇子を選んでいると、サンパウ病院で出会った彼女に再開。またフィンランドの待ち時間で出会うかもねーなんてお話をしました。

お互いにまさかあんなことになるなんて・・・でしたね。

そして、バルセロナの免税カウンターへ。
チケットを見せるとフィンランドで手続きしてね。と言われただけ。ユーロの最終寄港地で手続きしなくちゃいけないんだって。

テーマ:スペイン - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
外国に行って帰る手続きする時
  『時間よ戻れ』って ものすごーく思いませんか?
  内容タップリの旅日記ですごく楽しませていただいてマス が、 
・・・・・ここからですね
      まだまだですね
        これからですねv-355
2007/08/29(水) 14:10:43 | URL | ALOHA~♪ [ 編集]
v-22ALOHA~♪さま。
うふふ。これだけじゃ終われません。
・・・あの遅刻話までv-9
2007/08/29(水) 22:57:49 | URL | purumi [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。