purumi days
vvvvvvvvvvvvvvvvvvvv vv Love フラメンコ vv vv Love 食べること vv vv Love 旅すること vv vvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遠足。③
img804.jpg
さてさて、ここでランチタイム。
場所はこちら。

2階のお座敷は初体験。
うかがったのが休日のお昼どきということもあり、人気店らしく店内は空席待ちのお客様もたくさんいらっしゃいました。

これまで何度か訪れたことがありますが、日替わり定食かカツ丼をいただくことが多いかなー。

img805.jpg
img806.jpg

席決めのくじ引きと席の番号札はnachiさんの手作り。
席札の裏面は小立野の名所の写真と説明になってます。ベテランクジ作家ならではの芸コマぶり。

img808.jpg
img809.jpg


今回は特別ランチメニューとのことです。
メインのプレートはメンチカツ、キスとサワラのフライ、付け合せのお野菜
あとは牛スジシチュー、麦飯、お味噌汁

私はペロリと平らげましたが、苦しい~と言われる方や食べ切れなかった方が数人。うふっ、私ってば、まだ若いのかしら(ぉぃ)


すっかりおなかが満たされたところで遠足は続きます。
食事の後のデザートにいただいたコレ。
img810.jpg


グミ2コ。このお魚グミがくせもの。
私、好き嫌いはないし、どこかの国では美味しく食べられているお菓子なのだ。そう思ったら食べてみずにいられません。

しかし。。。どうもおいしいとは思えない。

一気に食べることが出来ず、数ミリずつ食べ進めていくと、10分以上かかった気が。最後の5ミリを一口で食べようと口に運ぼうとしたところで道に落としてしまいました
拾うわけにもいかず、完食失敗。

img811.jpg


そうこうしている間にたどり着いたこちらのアパート前。
このアパート、作家の五木寛之さんが住んでいたアパートなのだそう。この外観なら当時の姿そのままかもしれませんね~。

当時はエアコンの室外機はなかったかな?

さらに歩くと立派な松の木が見えます。こちら金沢市指定保護樹木(?だっけな)になっているらしく、これらの木は市によって保護されているとのこと。こちらで話を聞いてからその先にいくつも「金沢市指定保護樹木」の看板がかかった場所を発見。こういう発見も遠足ならではですね~。
しかし写真は残ってません。理由はこのあとで。

img812.jpg


さて、ここからはひたすら下り坂。
途中で近道と長くて細くて狭くて暗くて急な階段を下ると、ならぶ仏像たち。

img813.jpg


実は私、この日は10cmほどあるハイヒールを履いて歩いていたのだけれど、この辺りで靴擦れがひどくなっちゃいました。

そしてそれが気になってシャッターを押す回数が激減。

img814.jpg

つづいて椿原天満宮。こちら、菅原道真を祀っているのだとか。受験の時は金沢神社(@兼六園内)よりもこちらのほうが空いてて良いかもね(w)緑が美しい神社でした。

img815.jpg


そして、階段にて、「ほーらみてごらん、あそこにあるのが石川門です。デザートはあの辺りですからねー」と悲しいお知らせ。ここまで来ると靴擦れの痛みが限界を超えてしまったため、ハイヒールを手に持って歩く私は裸足の女神。

img816.jpg

さらに心臓破りの坂。

だんだん集団から遅れを取り、疲れからか説明が頭に入ってこない。そしてカメラを取り出すのも面倒になって写真が残っていない。

それでもひたすら歩き、前田家の墓地に行ったり、お寺を巡ったり。上り下りをしているうちに一体どこにいるのかわからなくなってます。

とあるお寺の門をくぐり、説明を聞いていたときのこと。
あれ?ここ、私、知ってる気がする。

周りを見回して確信。知人のお宅でした。
そうそう、ちょうどこの1週間前、ここのお寺の奥様と一緒に裏山で筍堀りをしたのだわ。どこをどう歩いてココに到着したのかもイマイチわからないけど、知ってるところに着いたってのでちょっと安心感。

さらに歩いて寺院を巡り、またまたどこをどう歩いたかもわからないけど、国立病院の横に出てきました。そこから皆さんはデザートタイムに。タイムリミットを迎えた私はデザートにギュインギュイン後ろ髪を引かれながら駐車場に向かいます。
坂を下っていくメンバーを振り返らずに上るわたし。

ちゃんと途中棄権のごあいさつもできずお別れしてしまった方にはこの場を借りて・・・
ありがとーーーーっ!

テーマ:北陸の旅 - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。