purumi days
vvvvvvvvvvvvvvvvvvvv vv Love フラメンコ vv vv Love 食べること vv vv Love 旅すること vv vvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マドリッド3日目③
さすがに荷物が多くて、しかも高額商品を持ち歩くのは危険なので一旦ホテルに戻りました。

そして今度はフラメンコシューズが欲しくて、ガジャルドって店に向かいました。今私が愛用しているシューズもこのガジャルドなのね。

実は前日のタブラオの向かいにメンケスっていう靴屋さんもあったんだけど、やっぱりガジャルドが欲しいから…と買わずにいたのよ。
img35.jpg

これはメンケス。

ガジャルドの最寄りのアントンマルティン駅で下車すると、なんだか不思議な雰囲気。地図を見ながらそれらしい道に入っていくととてもオリエンタルな地区。アゼルバイジャンのカフェだとか韓国の食料品店だとかの小さな店が建ち並んでいて、人種も中南米やアフリカ系のヒトがちらほら。

そんな中、ガジャルドを探すも見つからず、すっかり慣れた調子でそこにいた警備員さんに道を聞くと、ちょっと行って左曲がるとか教えてもらったので、その通り行こうと思うのだけれど、道がどんどん細くなっていきます。

月曜の昼間、フツーのスペイン人は働いていそうな時間なのに道端にヒトが立ってます。しかも身なりはあまりよろしくない。そんな中、壁にもたれかかってピュウと口笛を吹く男性が目の前に。友人が振り向くと後ろに仲間と思われる若い男性が。そしてさらにその男性はもう一人の男性に目配せ。

「やばい、挟まれてる」

友人が気付いて、あわてて早足で道を上がる。ちょうど向かい側から来る目配せされてた男性は仲間が私たちを狙っているのを気付かずにキョロキョロしている。私たちはその男性を追い越して駅に向かって一目散。

怖え~~~っ!あいつら、確実に強盗orスリだったよ。

駅前の道は人通りもあったので再度地図を確認。でもどう考えてもあの辺り。怖くなったので、ガジャルドは諦めることに。しかし、問題はもう一つ。
今夜来る予定のタブラオ(フラメンコを見ながら飲食できるお店)もこの辺りなのだ。とりあえず、お店の場所を確認しようと行くと、この駅から300mぐらい歩いたところでした。う~むどうしよう?悩みながら一旦ホテルにもどりました。

テーマ:スペイン - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
カラー:ターコイズブルー・紫・濃ピンク・ベージュ※掲載写真の色合いはお使いの環境(マシン・モニター・OS)により実物と多少異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。サイズ 33 33.5 34 34.5 35 21.75cm 22.1cm 22.45cm 22.8cm 23.15cm 35.5 36 36.5 37
2007/08/16(木) 16:26:17 | フラメンコの日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。